HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>雑談

アヴァルス3月号の追記

新刊が出ましたね。
アニメイトに行けるのが来週半ばになりそうなので感想はそれからです。

アヴァルス3月号の感想を書いた時は思いつかなかったのですが、悪魔の嗜好によって同性にしか反応しないみたいな下り。
あれってよくよく考えてみると萌える設定じゃないですか。
レイフェルは人工的(?)に作られた吸血鬼なので、ある意味生まれついての嗜好なので同性愛に抵抗がないのでしょうが、レイフロは吸血鬼になる前は異性愛者だったかもしれないんですよね?
あの年なら恋人や下手すると妻子がいたかもしれない(騎士っぽいのでもしかしたら未婚かもしれませんが、レイフロに嫁が居ても構わない派です)ですよね。
それで吸血鬼にされた後、好きだったはずの女性にぴくりとも反応しなくて、それどころか非処女な女性なら嫌悪感すら抱く。好きで抱いた女に嫌悪感を覚えるなんて業が深すぎますよね。
しかもあろう事かキリスト教徒なら眉をひそめる同性にしか惹かれない嗜好になっていて、どれだけ悩んでいたのかと想像するとものすごく萌えます。
例えば性格的に尊敬できない醜悪な男の貴族が同性愛者で、以前は嫌っていたのに権力と金に物を言わせて同性愛にふける姿を一瞬でもうらやましいとか思ってしまい、深く自己嫌悪に陥るレイフロとか妄想すると萌えます。
力を維持するためバリーと血を吸い合う行為も最初はHしてたかもしれないですよね。
青年になったり少年のままのバリーに良いようにされて、身悶える自分がおぞましくてH以外の方法で血を交換したいとか言ってしまい、バリーに「どこまで耐えられるかな?」みたいな感じで、今のスタイルになったんだとしたら滅茶苦茶萌えます。
何でレイフェルは気持ちいいことをしてレイフロは痛いことをするんだろうと前に読んだ時は、バリーの趣味かな? と思っていたのですが上みたいな経緯なら萌えます。

と言うような話が書けないかと思って色々考えてみたんですが、レイフロの相手がオリキャラになってしまうし、吸血鬼になった下りはまだ断片的で、下手に書いて後々本編で出て「ああーーっ(やっぱり違う)」と思いたくないので断念しました。

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。