HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>関連本・CDの感想

アヴァルス11月号

アヴァルス11月号を買いました。
いつものように感想箇条書き。

・アルフォードはレイフロを父親に見立てていたのか。
・今更ながらアルフォードを作ったのは誰なんだろう。最初はバリー関係かと思っていたけどそうでもなさそうだし。
・クリスって薬を打たれて気を失うのかと思ったが、酒に酔えるのなら薬物で眠るのもおかしくないのか。
・空を飛ぶ兎みたいなやつポロンという名前なのか。一体しかいないのかな。
・「我々と彼らの闘い」とはやはり神と悪魔(ヴァンパイア)の闘いなのかな。
・また格好良い女性が出てきた。レイフェルのタニマチっぽい。
・ミズの連れてきた精鋭が女性ばかりなのはミズの趣味なのかレイフェルの趣味なのか。
・レイフェルとミズのキスシーンに衝撃を受けているチェリルが可愛い。
・長く生きているんだからレイフロもこんなタニマチを持っているよね。そんな人たちが居るならそのエピが読んでみたい。
・クリスがとうとう宗教家のトップのような扱いになってしまった。
・これで徹底的にバチカンと敵対するようになったわけね。
・ラスボスは何になるんだろう。

今回も話が動いて目が離せないのだけれど、規模が大きくなりすぎて二人でアパート暮らしをしていた頃からずいぶん遠くまで来てしまったような。
人工吸血鬼やその背後にいる首謀者とどう決着つけるのかが落ちになるんだろうか。
そろそろクライマックスかと思っていたけれどまだ数冊続きそうな展開だった。

基本vassaが載っている号しか買わないのだけれど、次号とその次は全員サービスでvassaがあるので買うつもり。
12月号の年賀状はともかく1月号のティーセットとは紅茶の事なのかな。他の二つはお茶が関係しそうな漫画みたいだし。
もしそうなら試食と記念に取っておく用で2セット欲しい。
今月号も満足でした。

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。