HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>雑談

アヴァルス11月号

アヴァルスを買った。表紙のレイフロが色っぽい。色もオレンジで秋っぽくて良いね。
以下いつもの感想箇条書き。

・ミネアと一緒にいた猫はあそこで飼われているのか。クリス達がいない間にミネアの所に友達が遊びに来ていたのか。
・というかミネア可愛いーー。
・クリスのアパートの外見が思っていたより近代的というか綺麗だった。
・レイフロは1874年にパリ、1911年にフランス、1915年にイギリス、1928年にドイツ、1935年にアメリカ、1937年にアメリカにいたんだ。1937年以降の拠点はアメリカなのかな。
・最初にあった故郷の土云々はまだ有効な設定なんだろうか。棺桶に土を詰めて持ち歩いて世界を回っていたんだろうか。
・レイフロはずーっと割と良い生活をしていたみたい。
・久しぶりにマリーを見た。
・ハロルド、どんだけレイフロが気になるんだ。クリスがレイフロの秘密を言えば大金で買ってくれそう。レ「逃亡資金はどこで捻出したんだ?」ク「あなたの秘密をハロルドに売って」みたいな会話がありそう。
・1937年にクリスがヴァンパイアハンターになって1年目なら29歳になっているとして、クリスが生まれたのは1908年前後になるのかな。ぞして現在は+144歳ぐらいとして2052年ぐらいの設定なのか。
・少なくとも1937年からハロルドは同じ背格好だったのね。
・この世界での科学の進歩の具合が実際どうなのか知りたい。
・1937年地点ではレイフロはピジオンと名乗っていたということは、レイフロと名乗ったのはそれ以降? クリスはレイフロという名前しか知らないと思っていたのにそうでも無いのか。
・レイフロの横に座っていた角を突けた長髪の人物は青年なのか。
・レイフロが吸血鬼を名乗って酒池肉林をしていたのが、膝をつくほどクリスにはショックだったのね。
・レイフロクローンの性格はとても優しそう。内面はどれくらいオリジナルと似るんだろうか。
・クリス達の前に飛び出した自覚があるという事は二重人格や、性格を植え付けられたのではなく、本来の性格は今のハロルドで、弱々しい子供を装っていたというので正解なのかな。
・レイフロの前に出てきたのはメイラーだよね?
・親父外見の二人が絡んでいるのがマニアっぽい。
・レイフロがバスローブのみなのは本人が着替えないからなのか、それしか着る物が無いからなのか。
・クリスはレイフロと会話出来るようになっていたんだ。
・レイフロの吸血シーンをみているクリスは、恋人が目の前で寝取られているのを眺めているみたい。他人と吸血している場面を何度も見ては密かに嫉妬していたんだろうなー。とても萌える。
・クリスの前ではずっと輸血用の血を飲んでいるのかと思ったが、暫くは人の血を吸っていたのかな。血を吸うこと自体にはあまり罪悪感が無く、クリスに嫌われたくないためだけに輸血用パックに切り替えたのか、血を吸うこと自体に罪悪感があったのか。どっちなんだろう。
・レイフロクローンの血の味ってどんなだろう。
・クリスが着せ替え人形のようになっている。
・ミネアが本当に可愛い。
・マニキュアを塗られた自分の手を見てクリスがどう思うのかとてもみたい。最初びっくりしてでもミネアが塗ったと分かれば怒るのを我慢しそう。

最近毎回ドキドキしながら読んでいるけれど、今回もレイフロの過去が色々出てきて息もつかせぬ展開だった。これだけで小話のネタがいくつか出来た。やはり原作は一番萌える燃料だねー。
とても満足。面白かったです。
暁の闇が終わって寂しかったけれど、焔の柩が結構面白いので続きが楽しみ。

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。